8月5日

八島周辺は秋の気配がしています。

マツムシソウ、コオニユリ、アレチマツヨイグサ、メマツヨイグサ、マルバダケブキ、メタカラコウ、グンナイフウロ、ハクサンフウロ、ワレモコウ、フシグロセンノウ、ツリガネニンジン、ソバナ、シナノナデシコ、ギボウシ、キンミズヒキ、イブキボウフウ、シシウドなどなど

8月5日

八島を一周してきました。

7月28日

キスゲの群落、オオウバユリは終了。

ノアザミ、コウリンカ、マルバダケブキ、

オタカラコウ属、シソ科、セリ科のお花が

いろいろ咲いています。

7月24日

オオウバユリが満開です。とても良い香りが漂っています。

キチョウ

7月19日

八島湿原では数は少ないですけれども間近でキスゲが見る事ができます。

(たくさん咲いているように見える(笑))

マメザクラのサンランボ

6月17日

コバイケイソウ最盛期

6月17日

ノビタキ

6月10日

梅雨に入りましたがまだ雨粒はおちてきていません。

コバイケイソウとレンゲツツジが見ごろをむかえ、ミズナラ林も新緑をむかえています。

霧夢の静かなテラスでゆっくりと過ごす最高の時間をどうぞ。

5月29日

ズミが満開、山を白く染めています。

5月15日

カッコーが啼き始めました。

アオジも来たよ。

5月11日

シジュウカラの雄と雌がランデブー

八島高原付近のミズナラ林

新緑には少し早いようです。

シマリス君も大忙し

5月9日

○○沢、雨あがりなので増水中です。

カワガラスが魚を狙っている。

ニリンソウ畑

5月8日

マメザクラ満開

野生のサクラは1本1本がとても個性的です。

標高1000mではズミが満開

4月29日

イカルの集団が渡りの途中で霧ヶ峰に立ち寄ってくれました。

4月25日

雨が上がってくると、外ではキジのドラミングとコガラのさえずりが聞こえてきます。

最近の夏鳥の状況

ノビタキ、フクロウ、オオルリ、センダイムシクイ、エゾムシクイ、ツツドリなど

4月17日

本日は○河川

水が澄んでいてとてもきれいです。魚影も多く見られました。

4月20日

○河川

4月9日

御射山社

現在の御射山社をとうとう見つけました。

4月6日

シダレ栗ならぬ、暴れ栗を見に行ってきました。

劣勢の枝が残るという突然変異の性質が出た栗の木です。

「神様が食べる栗」とされ、誰も食すことなく増えて残された木々です。

4月5日

下流の○○沢

ミソサザイがしきりに囀っていました。

ところどころ残雪があります。

北斜面にはまだ残雪があるのでスパッツが必要です。

4月3日

昨日からルリビタキのさえずりが聞こえてきています。今日は標高1700mでウグイスの初鳴きです。

この沢は古い地層が出ています。

川底にはグリーンタフ

両岸は崩れやすい泥岩地層

 

グリーンタフは海底の火山灰

泥岩も日本列島の基盤になっている層です。

ここは沢登としても楽しめます。

3月31日

本日フルムーン

3月16日

春雨の中、シナノキを訪れました。